ビジネスの意思決定が難しい理由と効果的な解決策とは?

意思決定-難しい理由

「データの可視化はビジネス意思決定の質を高める」

ビジネスにおいて大小問わず多くの意思決定が存在していて、正しい現状把握や意思決定ができなければ、根本的な原因解決に繋がりません。

とはいえ、以下のように悩まれている方も多いと思います。

  • そもそもデータを可視化する重要性をあまり理解していない
  • 課題点は把握しているが構造的に考えることに苦労している

そこで今回は「データの可視化の重要性」と「得られる有効な効果」についてご紹介していきます。

データを可視化し、正しい意思決定をすることが重要

正しい経営を行っていく上で最も大切なのが「意思決定」であり、意思決定がブレている状態だと

最終目標も設定できず、メンバー全員が一つの方向に進むことが困難です。

一例として、データが可視化できていても、改善のアクションが定まらなかったり原因解決までは至らないことが多く見受けられます。

また意思決定や経営方針が不明確のままだと、担当者が個人本意な判断を行うことでデータ流出などの不祥事を引き起こすリスクも抱えていきます。

このようなリスクの発生を阻めて、組織全体で最も最適な意思決定とデータの可視化をすることが経営をしていく上で大切になってきます。

データの可視化による4つのメリット

人は数値的なデータの理解が弱いのに対し、データを可視化することは直感的なデータを示すことで理解しやすくなるといわれている便利な方法です。

IoTやスマートフォンの普及によってデータ量がより重宝されている現代は、そのデータを元に「事業を拡大させるインサイトを導き出せるか」が課題となっております。

そこで重要になってきているのが「データの可視化」です。まとめたデータを図やチャート、グラフといった視覚的に表すと、今後の予測や因果関係をより一層掴みやすくすることができます.

具体的なデータを可視化すると得られるメリットは以下になります。

ビジネスの効率化

データを可視化すると直感的に課題を伝えられるので、情報を早く共有することが可能になり、業務の効率を上げることが見込めます。必然的にビジネススピードが早くなるので、よりスピーディーに組織が動き企業成長に繋がります。

顧客ニーズの把握+顧客満足度の向上

インターネットの普及によりネット上から得られる情報は多く、簡単に製品の価値を見定めることができる時代です。それに伴い顧客のニーズは多様化しており、顧客の属性や特徴からコンテンツを変化させていかなければなりません。あらゆるデータを統合することで、顧客ニーズを掴みつつ適性のある事業展開ができるようになります。

価値ある情報を掴み企業の財産を得られる

過去に取り組んできた企業の様々なデータを統合することで、今後の市場で重要なトレンドの洞察を得ることができます。新しい市場の予測というのは最も価値のあることで、データの可視化で得た正しい未来予測は企業の財産となります。

データを可視化する目的と3つの注意点

まずデータを可視化するには2つの目的があります。

  1. データ内容や結果をよりわかりやすく伝えること
  2. 課題解決に向かって、関係者に行動を促し導くこと

可視化の最終目的は、多くの人を巻き込み行動させることです。

そのためには直感的に理解しやすく、「何を意味しているのか」や「どんな行動が必要になってくるのか」を提示し、印象が強い可視化をするべきです。これらのことを認識して、シンプルな可視化を行うとスムーズに動くことができます。

具体的なデータを可視化する上での注意点は以下になります。

対象と目的を明確に開示する

データを可視化するときは、必ず考えるべき点が2つあります。

  1. 対象は誰なのか
  2. その対象者が何を求めているのか

データ可視化とは誰が見てもわかるように表示するものですが、対象者によって相応なものに変える必要が出てきます。

例えば対象が専門家であれば、知識を用いて専門用語を使うべきですし、一般人が対象であれば誰が見ても理解できる簡易性のあるデータを示さなければなりません。

「対象者が何を求めているか」をしっかり考え、その人に合った形で明確に開示しなければデータを可視化する意味が薄れてしまいます。

可視化したデータの意味の理解に徹する

データの意味をしっかり理解しておかなければ、データを可視化した対象と目的の関係性を深掘ることが困難です。可視化したデータの要点と重要な数値を洗い出し、データの正確さを見定めるべきです。データの意味の理解に徹することで「次に何をすればいいのか」が見えやすくなるので、是非参考にしてみてください。

ストーリーテリングを作る

ストーリーテリングとは「目の前にいる人々に対して物語を語ること」です。これはデータ分析をする上では役立つツールであり、どんなに良質なデータであっても、伝えるストーリー以上の価値は出ないということです。しっかりした「物語」として話すには、得られた情報にストーリー性を持って魅力的に発信することが大切です。

データの可視化がビジネスの成長を左右する

データを可視化することはビジネスにおいて必要不可欠ですが、決して簡単ではありません。

しかしデータ可視化を活用しなければ、確実に企業の成長はストップします。

現状データの可視化が上手くいっていない企業の立ちはだかる課題点として、次のようなことが挙げられます。

  • データを統合するのにコストがかかってしまう
  • データが分断されているため、KPIの計測が難しい
  • KPIの可視化方法がわからない
  • 業務が属人化しており、効率的な運用が行えない

データの可視化ができなければ、企業としてこれだけの支障が生じてきます。

可視化することによって、現状の課題発見の先のさらなる課題発見にも繋がります。そのような「データ可視化の継続的な実行」によって、データからビジネスに価値ある情報を次々に生み出すことが可能になり、他社との差別化する大きな武器となります。

最後に

データの可視化を明確に設定することで、現状の課題を明確にすることや今後のアクションプランの構築をすることができます。可視化したデータが経営問題を解消する材料となるため、現状の取り組みによって起きる課題を正しく認識して可視化していくことがとても重要です。

言い換えれば、データの可視化を最大限に活用するためには、事業を拡大させるための目標と現状のギャップを明確にし、課題を解決することが重要です。

こちらコンテンツでは、データを可視化することで「ビジネスを成功に導くKPIやその運用についてのヒント」を詳しく説明しておりますので、是非ご覧ください。

サブスクリプションビジネスの成功に欠かせないKPI 10選