【Sales Ops】BtoB営業組織レベルチェックシート

営業組織のレベルを簡単に診断できる「BtoB営業組織レベルチェックシート」をご紹介します。

そもそも、理想の営業組織とはどのような組織でしょうか。

営業部長や Sales Ops 担当者をはじめとして、全ての営業組織に関わる方のヒントになるチェックシートです。

このような方へおすすめ

  • 営業力のある人材を採用できない・定着しない
  • 営業担当者を育てられない
  • ツールを導入したが、使いこなせない
  • 他部署(マーケティング、カスタマーサクセス)との連携ができていない
  • 営業目標の未達成が続いている
  • 組織課題をどのように見つければいいかわからない
  • 営業生産性をあげれるのか疑問
  • Sales Ops に取り組みたい

Sales Ops とは

米国のBtoBビジネスの組織にはSales Operations(以下Sales Ops)というチームが存在していることが多くあります。

Sales Ops はセールスを効率的・効果的に行うためにプロセスやテクノロジー基盤を整備する役割を担っており、日本の営業組織でいう営業企画や営業推進といったチームと近い役割となります。

しかし、従来の営業企画・営業推進のイメージと異なるのは、テクノロジーやデータ関連業務の比重の高さです。現代のBtoBビジネス組織におけるSales Opsは、CRM・SFAに代表されるセールステクノロジーを最大限に活用することで、営業組織の生産性向上にコミットします。

本資料では、成果を生み出す営業組織の特徴が10カテゴリに分類されており、さまざまな角度から営業組織を評価することが可能です。Sales Ops として生産性の高い営業組織をつくるために、ぜひお気軽にご活用ください。