世界的調査機関 Gartner が重要だと位置付ける セールスエンゲージメントプラットフォームとは

執筆者
要約SUMMARY
  • セールスエンゲージメントプラットフォームという営業支援のテクノロジーがアメリカで広まっており、データの収集・分析・可視化を通じて数値に基づいた売上予測、営業が次にとるべきアクションを把握することができる
  • 世界的な調査機関 Gartner はこのセールスエンゲージメントプラットフォームを広がりをデータとして分析し、市場の拡大を見越している
  • 従来の CRM ツールとの違いは明白であり、根本的な違いがある

アメリカでは セールスエンゲージメントプラットフォームと呼ばれる営業支援ツールの存在が注目を浴びています。 データの収集・分析・可視化を通じて、数値に基づいた売上予測や営業が次にとるべきアクションの提案を行うセールステックの市場は、徐々に広がりをみせているのです。しかし セールスエンゲージメントプラットフォーム はまだ日本での知名度が低く、 セールスエンゲージメントプラットフォーム そのものについてもよく分からない方が多いのではないでしょうか。

今回は Magic Moment の経験や調査機関 Gartner の分析などから、セールスエンゲージメントプラットフォーム が果たす役割や登場した背景、 また日本でも導入が進んでいる CRM との違いを詳しく解説します。

セールスエンゲージメントプラットフォームとは

セールスエンゲージメントプラットフォーム とは端的に表すと、営業担当者が見込み顧客や既存顧客とのコミュニケーションをより効果的に実行できるようにするテクノロジーのことです。それぞれの顧客への最適なアプローチをデータに基づき可視化し、結果の分析と改善を自動で担ってくれます。
結果 セールスエンゲージメントプラットフォーム を活用することで、顧客との信頼関係を構築しながら持続的な成果をあげることができるのです。

主にアメリカを中心に活用が広まっており、GAFA と呼ばれるアメリカの先進企業においてもすでに導入されています。

セールスエンゲージメントプラットフォーム を導入することで何ができるのか

なぜこのようなテクノロジーの導入が進んでいるのでしょうか。 セールスエンゲージメントプラットフォーム を活用することで、従来のテクノロジーではなし得なかった大きなメリットがあるからです。それらのメリットは汎用的であり、あらゆる企業が抱える課題を解決できると言えます。

営業担当者の行動がデータをもとに最適化される

営業担当者が商談などで顧客との関係構築をする際に、AI がこれまでの活動データをもとに効果的なアプローチを自動で提案してくれます。

従来の CRM を活用したアプローチでは、具体的なアクションを担当者自身で判断する必要があり、顧客へのアプローチやそのタイミングには担当者ごとにバラツキがありました。また、複数のツールやアプリケーションを切り替えることが多く、営業活動のスピードを低下させていました。

これは、売上において機会損出をもたらすばかりか、マーケティングからのデータが活かされず、その価値を失うことになります。

営業の活動そのものが自動化される

人の介在なしにメール送信などの日常的な営業活動を行うことができます。これはアプローチ先の担当者の役職や関心などに合わせてカスタマイズが可能なため、複雑なコミュニケーションを最適化された状態で実行してくれます。

この機能がもたらす価値とは、営業活動の量と質の双方を底上げできることです。つまり、担当者は商談など顧客との接点のある業務に集中でき、かつ自動化されたコミュニケーションはデータに基づき最適化された状態になります。

上の図は1週間のうち、営業担当者が費やす業務の割合を示したものです。
ある統計によると営業担当者の業務のうち、リストの作成や商談データの入力など売上に直結しない間接的な活動が、全体のおよそ6割を占めています。一方、お客様との営業活動に使う時間は半分にも満たないのです。

セールスエンゲージメントプラットフォーム はこの間接業務を削減しながら、かつ自動的に最適化してくれます。

データの統合によるコストダウンとデータにもとづく分析・予測の自動化

CRM などのツールを利用している多くの企業では、人がデータを入力する手間や、データ共有の際のシステムの開発・設計に多額のコストを払うことになります。
そのコストを払わずにいるとデータが不正確になり、データに基づくマーケティングからカスタマーサポートまでの一貫した活動ができなくなります。これは、ツールそのものの利用価値がなくなっていることを意味しています。

一方、単一のユーザーインターフェースとして機能する セールスエンゲージメントプラットフォーム は、人がデータを入力する手間を省くことができます。自動で既存のシステムや CRM などからデータ収集・分析を行い、データを基にした最適な活動の提示、トレンドの予測まで担います。

つまり セールスエンゲージメントプラットフォーム が実現する未来は、顧客との関係性をもとにした持続的な売上拡大、営業担当者のリスト作成やデータ入力の手間などのコストダウンです。これらは特定の企業の課題ではなく、あらゆる企業が抱えるものなのです。

Gartner が示す セールスエンゲージメントプラットフォーム が普及してきた背景

ここで、なぜ セールスエンゲージメントプラットフォーム が普及してきたのかについて触れましょう。

セールスエンゲージメントプラットフォーム が登場した背景として、営業担当者、特にインサイドセールスを担う組織において業務が複雑化したことがあげられます。近年、販売プロダクトが製品からソリューションやソフトウェアまで幅広く変化したことに伴い、購買に携わる人数や顧客の要望は複雑化してきました。

結果として、非対面のコミュニケーションを担うインサイドセールスは、それぞれの顧客の役職や関心に合わせたメールや電話による活動が求められるようになり、個別に最適化されたアプローチを精査することに時間がかかるようになったのです。
特に地理的に対面での営業が難しいアメリカにおいては、この問題は顕著でした。

そこで、1つのユーザーインターフェース上でデータを用いたアプローチが可能な、セールスエンゲージメントプラットフォーム の需要が高まっていきました。複数のアプリケーションやソフトウェアを使う手間が省けるのに加えて、複雑化する見込み顧客の要望に対して自動で最適なアプローチをカスタマイズしてくれるのです。

事実、政府機関や投資機関向けに戦略・IT・組織などさまざまな分野で調査分析レポートの作成からコンサルティングなどの事業を展開している Gartner 社によりますと、セールスエンゲージメントプラットフォーム 市場の拡大の要因として SDR(Sales Development Representative)と呼ばれる見込み顧客の整理・育成を行うインサイドセールス組織において、 セールスエンゲージメントプラットフォーム が重要な役割を果たすようになったといいます。

これらの調査を受けて Gartner は セールスエンゲージメントプラットフォーム を、CRM に並ぶレベル1のテクノロジーであると位置付けました。
Gartner は市場や組織の成熟度をレベル1から5までの5段階の成熟モデルで表しており、レベル1のテクノロジーとは、あらゆるインサイドセールス組織において セールスエンゲージメントプラットフォーム が必須のツールであることを意味しています。

レベル1に位置付けた根拠は数値として明確になっています。

SDR における セールスエンゲージメントプラットフォーム の重要性を示す3つの指標

SDR における セールスエンゲージメントプラットフォーム の重要性を示すデータには以下の3つのものがあります。

  • 見込み顧客の育成を担うインサイドセールス組織の87%がセールスエンゲージメントプラットフォームを採用している
  • セールスエンゲージメントプラットフォーム は ROI がプラスである一流のテクノロジーである
  • 見込み顧客の育成を担うインサイドセールス組織がセールスエンゲージメントプラットフォームを成果の創出に必要なテクノロジーであると位置付けている

Gartner はセールスエンゲージメントプラットフォームについて、CRM やデータソリューションなどのセールスエンゲージメントのカテゴリにおいてもっとも成長率の高いテクノロジーであるとの見解を示しており、数十億ドル規模の市場になると考えています。

では、 実際にはインサイドセールス組織においてセールスエンゲージメントプラットフォームのどのような点が支持されているのでしょうか?

セールスエンゲージメントプラットフォームの有効性を示す3つの実態

① セールスエンゲージメントプラットフォームは営業担当者に好まれるユーザーインターフェースである

Gartner のアナリストによりますと、 営業担当者は セールスエンゲージメントプラットフォーム といったプラットフォームを従来のソフトウェア・アプリケーションと比較してより多く利用しているというのです。単一のプラットフォームであらゆる営業活動が迅速に行えるからだと考えられます。

事実、これらのプラットフォームのアクティブユーザーは60%を超えると推定しており、従来のソフトウェア・アプリのアクティブユーザーは10%から20%ほどに留まるといいます。

複雑で手間がかかるコミュニケーションを最適化してくれる

コミュニケーションが複雑化したなかで、多くの見込み顧客にアプローチする手段として電子メールがあげられます。しかし、メールはさまざまな顧客ごとにカスタマイズされたものでなければなりません。セールスエンゲージメントプラットフォームはそれぞれに適したパターンを自動で作成し、送信することができます。

営業のプロセス全体を管理してくれる

顧客ごとに複数のワークフローを作成し、タイミング・チャネルを最適化します。自動で実行されるアプローチは記録され、分析と改善のためのレポートの作成を行います。

セールスエンゲージメントプラットフォームと CRM の違いとは?

セールスエンゲージメントプラットフォームがもたらすメリットでも少し触れましたが、ここで改めてセールスエンゲージメントプラットフォームと CRM との違いを明確にしておきましょう。

根本的な違いが2つあります。

CRM

  • データを保管・蓄積することを重視しているツールである。
  • マネジメントのために利用されることが多い。

まず、Salesforce や HubSpotといった CRM は、データを保管・蓄積することを重視しているツールであるということです。
つまり、CRM を活用するマーケティング担当者からカスタマーサポートまで幅広い利用者は、蓄積されたデータをもとにどんな業務オペレーションを構築するかなど、ある程度希望通りに、自由度が高い状態で利用できるのです。
しかし言い換えれば、担当者それぞれの動きが属人化しやすいという性質を持っています。

セールスエンゲージメントプラットフォーム

  • 商談などの営業フェーズにおいて蓄積されたデータをどう活かすのかに焦点を置いたツールである。
  • 営業担当者をサポートすることを重視している。

一方セールスエンゲージメントプラットフォームは、蓄積されたデータをどう活かすのかという点に焦点を置いたツールです。
つまり、データをもとに営業担当者が取るべき行動を提案したり、行動をもとにより効果的なアプローチを自動で分析します。これは営業担当者の行動をデータドリブンに実行させ、再現性を持った活動ができることを意味しています。

この根本的な違いにより、売上の拡大などを目的とする場合、CRM の効果が疑問視されることになります。

売上の向上に役立たない CRM の実態

CRM を導入する目的は様々ですが、「売上を上げたい」「新規のお客さまを獲得したい」といった目的を達成できているところは少ないという現状があります。データを用いて何をするのかに焦点を当てていない CRM は、データの活用に関して個人のスキルに依存してしまうことが要因です。

事実、CRM を導入して達成できたことは「顧客管理」といった項目が多く、売上や顧客の獲得といった点で活用は進んでいません。そもそも、CRM のデータ入力や連携・分析において、データそのものの信頼性が揺らいでいるという現実もあります。これは人の手が介在することによって生じます。

CRM 活用の難しさについては以下の記事をご覧ください。
・CRM データを活用し、営業力強化を実現する最先端テクノロジー

営業の本質をサポートするセールスエンゲージメントプラットフォーム

Gartner が示すように、今あらゆる営業組織にセールスエンゲージメントプラットフォームが必須のツールとなっているのは、CRM と異なりセールスエンゲージメントプラットフォームが自動的に営業のリソースを増やすことができるからです。
営業が本来集中してリソースを割くべき「お客さまとの接点」を増やし、効果的な行動をサポートするために現れた セールスエンゲージメントプラットフォームは、営業組織の成果に直結するテクノロジーといえます。

Magic Moment はお客さまの営業の量と質を向上させるセールスエンゲージメントプラットフォーム、Magic Moment Playbook を提供しています。

弊社とともに営業組織の変革を進めませんか。詳しくはこちらをご覧ください。