最先端の営業哲学:顧客エンゲージメントとは

「所有から利用へ」というメガトレンド

昨今サブスクリプション / SaaSビジネスが大きく伸び ています。

これは、スタートアップ企業のみのトレンドではなく、「所有から利用へ」というメガトレンドを背景に、大企業においてもビジネスモデルの進化として、新たに取組む企業も多く状況です。サブスクリプションビジネスには従来の売切り型ビジネスと根本的にビジネスモデルが異なります。

真に顧客との関係性を事業 運営に実装するためには

販売は顧客との関係性の始まりであり、ここからの繋がりこそが収益に直結します。買い手よし売り手よし世間よしという「三方よし」の精神に代表されるように、日本企業はDNAとして顧客を重視する思想へのなじみは強いものの、ノルマへのプレッシャーが高い中で、真に顧客との関係性を事業運営に実装できてる企業はそう多くありません。

本資料では、顧客エンゲージメントの概念が、従来の売切り型の思考とどのように違うのか?を明らかにすることで、変革へのガイダンスとなればと考えます。

下記のフォームをご入力ください。

キーワードで検索する
タグから探す
タグから探す
PAGE TOP