企業のデータ活用の鍵を握るデータの「質」
〜データの質を向上させるデータマネジメントの5つのステップ〜

data-quality-eyecatch

社内データの活用が進まない?

テクノロジーの発達に伴い、企業が扱える顧客データの質と量は大幅に向上しました。そのデータを活用し、収益の向上を目指すべく、BIツールの導入を始め、社内でデータ活用プロジェクトを始める企業も増えてきました。

しかし、データ活用を推し進めようとしたのにも関わらず

  • ダッシュボードに正確な数値が表示されない
  • データドリブンな意思決定をしているのにも関わらず成果が出ない
  • BIツール導入・データサイエンティストの採用に対するROIが出ない

というような問題から、データ活用プロジェクトが失敗に終わってしまう企業も少なくありません。

企業のデータ活用の鍵を握るデータの「質」

データ活用が失敗に終わってしまう原因を紐解いていくと、

  • データが重複してしまっている
  • 必要なデータが欠損してしまっている
  • データの入力フォーマットがバラバラ

のようなデータの「質」が大きな影響を与えます。

このe-Bookでは、データの質が低いことによって起きる弊害、そしてその解決策としてのデータマネジメントの方法について学べます。

データマネジメントを行うことで、「正しいデータで正し意思決定ができる組織」を目指しませんか?