サブスクリプションビジネスにおけるデータ活用の要諦

近年、サブスクリプションビジネスを展開する企業が増加しています。

サブスクリプションビジネスは活用できるデータが多く、広げやすいという特徴があります。

一方で、新たなビジネスモデルであるが故に知見が乏しく、どのように事業を進めたら良いのか分からないという課題を抱える企業も少なくありません。

本書では、サブスクリプションビジネスにおけるデータを活用の重要性と、正しいメトリクスの使い方について解説します。

このような方へおすすめ

  • サブスクリプションビジネスの独自指標がわからず、どうやって事業を評価すれば良いのかわからない
  • 事業が評価できないため、上層部へ状況を正しくレポートできない
  • 従来の事業と同じく、PLベースで利益・コストを評価され、予算が取れない
  • プライシングやターゲティングをどうすればいいのかわからない
  • サービスの解約数が増えてきたが、どこに原因があるかわからない
  • データの収集・加工に多くのリソースがかかっているものの、事業の評価や戦略策定に活用できていない