BtoBビジネスにおけるBIツールのよくある間違った使い方とは?

BtoBビジネスにおけるBIツールのよくある間違った使い方とは?

ガートナー社によると、90%の企業はBIツールを使いこなすことができません。この記事では、BIツールを導入または検討中のBtoBビジネス経営者のために、TableauをはじめとするBIツールの使い方のポイントをご紹介します。

BIツールに関する衝撃の事実

データ・ドリブンであることの重要性は言うまでもありません。
そこで、Tableau をはじめ MotionBoard・PowerBI・QlikView・Google Data Portal等のBIツールを導入する経営者も増えています。

しかし、驚くべき事実が明らかになりました。世界有数のリサーチ会社Gartnerによると、BIツールを導入しても90%の企業が成果を出すことができません。さらに、利用中のBIツールに対する不満を調査したところ、最大の理由は「ツールの使い方が難しい」(37%)であることが明らかになりました。

BIツール導入、90%が失敗

BIツールが使いこなせないことの弊害

BIツールの使い方が難しいことの弊害は計り知れません。
間違った意思決定を行ってしまった場合、社内外の多くの時間・労力が無駄になってしまいます。
それによって、ビジネスの機会損失が生まれるだけでなく、キャリアや信用に影響が出てしまう可能性もあるでしょう。また、目標達成ができない組織では、プレッシャーによって従業員満足度も低下してしまいます。

このような課題を避けるためにも、BIツールの正しい使い方を学び、適切な意思決定ができるようになるために対策を打っておくことは大切です。

BIツールのよくある間違った使い方と対策

適切でない指標を可視化している

TableauやMotionBoardのようなBIツールでは、いくつかテンプレートが用意されています。しかし、必ずしも自社のビジネスが追求すべき指標が可視化されているわけではありません。マーケティング・セールス・カスタマーサクセス の各部門で別々の指標をみているだけでは、顧客生涯価値や全体の獲得コスト・市場における競争力などを正しく把握することはできません。

また、経営指標を可視化するためには、MA・CRM・SFAを連携させたり、複雑な計算式の理解やデータベースやSQLの知見が求められるため、非エンジニアが使いこなすことは簡単ではありません。その結果、「いますぐに使える」と思っていたBIツールをなかなか使い始めることができず、導入段階で頓挫してしまうのです。

そこで、自社のビジネスにとって重要な指標を選択・可視化するまでしっかりサポートしてくれるサービスを選択することが大切です。BIツールの比較はこちらをご覧ください。

BtoB SaaS の経営者が活用する「BIツール4選」を徹底比較

正確なデータを取得できていない

BIツールに表示されているデータは常に「真」ではありません。

HubSpotの調査よると、88%のセールスが不正確なデータをCRMツールに入力しています。このままでは、経営者がBIツール上で閲覧している収益予測・費用対効果などは不正確なデータとなり、誤った意思決定を下してしまうかもしれません。

なお、このように不正確なデータを加工・修正することを「データクレンジング」といいます。データクレンジングには極めて膨大な時間・コストがかかり、データサイエンティストが実際にデータ分析業務を行う時間を圧迫しています。

質の高い意思決定を行うためには、不正確なデータを入力している担当者を把握しながら、組織全体で正しいデータ入力の文化を醸成することが求められます。

施策に落とし込めていない

多くのBIツール導入企業が見逃しているのが、「具体的な施策」への落とし込みです。顧客獲得コストやチャーンレートに課題があることがわかっても、具体的にどのような施策をどれだけ行うことで指標を改善するのかはなかなかわからないことも多いでしょう。

データが正しくても、間違った解釈によって施策を選んでしまうと、

  • どれだけ努力しても収益が伸びない
  • 顧客の流出に歯止めが効かない
  • コストばかりが肥大化する

といった結果が訪れます。

そのため、指標の意味を正しく理解し、具体的な施策に落とし込むことができる人材が社内にいるかどうかを考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

BIツールは、ビジネスや顧客の状態を正確に把握して、改善のための施策を見つけ出すことが本来の目的です。しかし、それらのプロセスには時間・労力・高度なスキルが求められるため、90%の企業が使いこなせないという調査があることも納得です。

そこで、データ・ドリブンに施策まで落とし込み、正しく意思決定したいという方には、弊社 Magic Moment が提供する「Insight Board(インサイトボード)」がオススメです。Insight Board は、サブスクリプションビジネスにおけるデータを収集・加工・統合・可視化するだけでなく、具体的な施策への落とし込みまで支援するサービスです。

取り組むべきことまでわかる「Insight Board」を詳しくみる

Insight Board