BtoB SaaS の経営者が活用する「BIツール4選」を徹底比較

BtoB SaaS の経営者は、ビジネスの課題をどのように分析しているのでしょうか? また、近年注目を浴びているビジネスインテリジェンスツール(BIツール)とは何なのでしょうか?

この記事では、BIツールの基本的な考え方やBtoB SaaSに適したおすすめBIツールの特徴・機能を学ぶことができます。

なぜ BtoB SaaS の意思決定は難しいのか?

BtoB SaaS ビジネスの経営者は、とても複雑な意思決定を求められています。

サブスクリプションビジネスを行う組織には、マーケティング・セールスだけでなく、カスタマーサクセスも存在しています。意思決定者は3つの部門からレポートを受け取り、それらを見比べながら、最も収益に影響を及ぼす課題はどこにあるのか・その解決策は何かを考えなければなりません。これには、部門を横断した高度な知見を求められます。

その結果、以下のような悩みを抱える方も少なくありません。

  • どこから手を打てばいいのかわからない
  • 顧客の解約に歯止めが効かない
  • 投資をしても売上に影響が出ない
  • コストが増えている原因がわからない

いつ大資本をもとに競合企業が参入してくるかわからない今日の市場環境において、上記のような課題を放置したままにしてしまうと、限りあるリソースを活かすことができず、収益機会を逃してしまうかもしれません。

また、マーケティング施策や架電・商談・問い合わせ対応など、幅広いデータを取得・可視化することができなければ、ビジネスの再現性を作ることができないため、スタートアップの場合は資金調達の失敗を招く恐れもあります。

そこで、自社のビジネスの状態を可視化し、課題を特定するために、「BIツール」を導入する BtoB SaaS 企業が増えています。

 

BIツールとは?

BIツールとは、ビジネスに関わるさまざまなデータを収集・統合・可視化することで、効率的な意思決定をサポートするツールです。

BIツール導入の主な機能は、このようなものがあります。

  • レポート作成機能
  • 多次元分析機能(OLAP分析機能)
  • ダッシュボード機能

また、正しく使いこなすことで、以下のような効果を得ることができます。

  • ビジネスの課題を特定できる
  • 顧客の理解を深められる
  • データに基づいて打ち手を考えられる
  • 各部門のKPIを達成できる

 

BIツールを徹底比較

では、BtoB SaaS の経営者が活用している「BIツール」を4つ紹介します。

Google Data Portal (グーグルデータポータル)

Google Data Portal 比較

おすすめ度 ★☆☆

開発元

  • Google

メリット

  • 無償で利用可能
  • Googleアナリティクス等のGoogleサービスと簡単に連携可能
  • 慣れ親しんだUIで操作可能

デメリット

  • テンプレートが少なく、ゼロから作成する必要あり
  • 複数データの統合・計算に向いていない
  • モバイル表示に対応していない

価格

  • 無料

導入企業

  • 非公開

https://datastudio.google.com/

 

MotionBoard (モーションボード)

MotionBoard 比較

おすすめ度 ★★☆

開発元

  • ウイングアーク1st株式会社

メリット

  • Excelに対応
  • オンプレミス/クラウドの両方で利用可能
  • 地図上にデータを表示可能

デメリット

  • ダッシュボード構築のためにSQL等の知識が必要
  • ユーザー単位の課金のため全社に展開しづらい
  • 「Dr.Sum」も導入しなければ効果が見えづらい

価格

  • 月額30,000円/10ユーザー ~
  • 別途初期費用あり

導入企業

  • クラウドワークス  等

https://www.tableau.com/ja-jp/products/cloud-bi

 

Tableau (タブロー)

Tableau 比較

おすすめ度 ★★☆

開発元

  • Tableau Software

メリット

  • とても自由度が高い
  • ダッシュボードのWEB埋め込み可能
  • ドラッグ&ドロップで操作可能

デメリット

  • ダッシュボード構築のためにSQL等の知識が必要
  • データの読み込みに時間がかかる
  • 日本語化されていない資料が多い

価格

  • 月額29,750円 / 1 Creator + 5 Viewer (最低構成) ~
  • 別途初期費用あり

導入企業

  • Dropbox  等

https://www.tableau.com/ja-jp/products/cloud-bi

 

Insight Board (インサイトボード)

Insight Board, Magic Moment

おすすめ度 ★★★

開発元

  • 株式会社Magic Moment

メリット

  • BtoB SaaSの重要指標をデフォルトで表示可能
  • MA・CRM・SFAのデータ加工・統合をお任せ可能
  • 豊富な業界データに基づいて「これから取り組むべきこと」を毎月提案してくれるため安心

デメリット

  • 指標のカスタマイズ性が低い
  • フリーサインナップには現在対応していない(開発予定)

価格

  • 要お問い合わせ
  • 別途初期費用あり

導入企業

  • LINE
  • EXIDEA  等

https://www.magicmoment.jp/service/insight-board/

 

BIツールで成果を生み出すポイント

BIツールでビジネスを伸ばすためには、2つのポイントがありますmm

データ連携

MAツールやCRMツール・SFAツールと連携することによって、データ移行の手間を省くことができるだけでなく、ビジネスプロセスのどこに課題や成功要因があるのかを特定しやすくなります。

ただし、BIツールとデータ連携を行っても、そもそもセールス担当者が入力するデータが不正確であったり、ウェブサイト上の行動データを正しく取得できていなかった場合、当然可視化されるデータは不正確なものになります。正しくデータが取得できているかを事前に確認することは欠かせません。

具体的な取り組みへの落としこみ

BtoB SaaS にとって重要な経営指標を可視化できても、以下のような課題を抱える経営者も少なくありません。

  • 数値がどんな意味を持っているかわからない
  • どんな施策をどれだけ打てば数値が改善できるのか見当がつかない

その結果、効果的ではない施策に落とし込んでしまい、従業員の努力が無駄になってしまうこともあるでしょう。それもそのはず、BtoB SaaS はまだまだ新しい領域であり、知見を豊富に持っている企業の方が少ないのです。

 

そういった点で、Magic Moment の提供する「Insight Board」 はダッシュボード構築やデータの加工・統合だけでなく、「どんな取り組みをすればいいのか」をビデオミーティングで提案してくれるサービスが標準で含まれているため、Tableau や MotionBoard にはない安心感があります。

 

さいごに

サブスクリプションビジネスを成長させるためには、BIツールを用いて、データ分析を行うことが効果的です。

しかし、実はBIツールの導入には「驚異の真実」があることをご存知でしょうか? 

  • まだBIツールの導入を検討段階の方
  • BIツールで成果が出ないことに悩んでいる方

上記のような方は、ぜひ次の資料をご覧いただいてみてはいかがでしょうか。

【目次】

  • サブスクリプションビジネスの基本的な考え方
  • 顧客中心の意思決定を行う方法
  • ビジネスインテリジェンスツール(BI)を導入する前に知っておくべき驚異の事実
  • サブスクリプションビジネスを成長させるデータ分析の3つのポイント

無料e-Bookをダウンロードする(期間限定)

サブスクリプションビジネスの売上が伸びる 顧客中心のデータ分析