Engagement Academy by MAGIC MOMENT PLAYBOOK

営業担当者による Magic Moment Playbook の活用方法

従来の CRM・SFA は、管理者が営業活動状況や商談案件を把握することに向いていたため、営業担当者はデータ記録の大きな負担を負わされていました。ソリューションのために営業担当が動いているといっても過言ではありません。

Magic Moment Playbook は顧客との関係性を「合意」に基づいてデータ化し、これにより顧客との関係性を深めるために、営業担当者に「今すべき行動」を示唆することを可能にします。「営業担当」を支援するサービスです。

この記事では、営業担当者が Magic Moment Playbook を使いこなすことで、どんなメリットがあるのかをご紹介します。

営業担当者が使うメリットは?

Magic Moment Playbook を使いこなすと、営業担当者はこのようなメリットを得られます。

  • Magic Moment Playbook とコミュニケーションツールを連携することで、Playbookを開くだけ営業活動をすることが可能になります。そのためツールの遷移回数を最小化することができ、営業活動の効率化につながる
  • Magic Moment Playbookを利用いただくことで商談における顧客とのコミュニケーションが記録されるため、活動を正確に把握し改善ポイントをセルフチェックできる
  • 最先端の営業フレームワークとトップ営業の要素をつめた営業シナリオに沿って活動するため、営業経験が浅くても結果につながる活動をすることできる
  • 自分の活動が売上に貢献したのかを時系列で状況を見ることができる

リアルタイムに必要なデータのみ記録されるため、後からデータを整理して記録する時間から解放されます。また自分がどれほど売上に貢献しているのかが可視化されるため、納得感のあるフィードバックを得られるようになります。

どのように Magic Moment Playbook を使いこなすのか?

では、上述したメリットを得るために、どう使いこなせば良いのでしょうか。

商談中のリアルタイム記録で効率性 up

営業担当者向けの「 Rep 画面」では、今すべき行動や顧客と合意すべき項目が表示されます。営業担当者はその項目に沿って記録をしていきます。

このデータを蓄積することによって、営業活動の均質化や組織にとっての最適な営業活動を型化していくことに役立ちます。

営業成果Upにつなげる、活動のセルフチェックが可能

自分の営業活動の量や質、担当したエンゲージメントのフェーズ達成状況を確認します。

他の担当者と比べて、何が過不足しているのか確認し、アドバイスを求めることが可能です。「自分は営業活動で、受付突破がなんとなく苦手だな」という感覚値の振り返りではなく、「自分は営業活動において、受付時点で再連絡日時を握ることができていない。他の人はどう聞いているのだろうか」と正確なデータをもとに改善をはかることが可能になります。

よくある失敗は?

データの記録を行わない

「データの記録がめんどくさい」と、Magic Moment Playbook への記録を後回しにしてしまうことです。今まで、SFA・CRM その他のレポートなど、様々なツールへのデータ記録をしてきた営業担当者は、新しいツールが増えてデータ記録の手間も増える、と感じてしまうかもしれません。

しかし、 Magic Moment Playbook は SFA・CRM・コミュニケーションツールを連携し、「 Playbook だけで営業活動が完結する」ことが可能になります。また記録するデータは、売上につながる、意味のあるデータです。これをリアルタイムで記録していくからこそ、結果自分にも組織にもメリットが生まれるのです。

Playbook Coreの改善を行わない

Magic Moment Playbook は「導入したら終わり」ではありません。初期設定として、最先端の営業知見を詰め込んだフレームワークをご提供しますが、自分達の組織にあわせてフレームワークを改善していくことが肝要です。

項目の改善やトークスクリプトを日々改善することで、活動が均質化され自分達の成果創出もスピードアップしていきます。

量・質の改善のための PDCA を回さない

せっかく正しいデータを収集できても分析しなかったら意味がありませんよね。Magic Moment Playbook は各メンバーの活動量・質が可視化されます。それぞれ何が不足しており、どこを改善すれば良いのかマネージャーはもちろん自分でチェックすることで、自分の営業活動に磨きをかけていくことを可能にします。

どんなサポート体制か?

資料のご提供

「 Magic Moment Playbook レポート活用の手引」
Playbook の基本機能の習熟・活用のために、現場への担当メンバー様への運用周知が必要な場合にご活用いただけるPlaybook の基本的な利用方法をまとめた資料などもございます。ご契約時にご提供いたします。

お問い合わせ窓口

Playbook ご利用中に不明点や機能に対するご要望が発生した場合や、導入後の機能に関する不明点、ご要望等のお問い合わせ専用の窓口をご用意しております。サポート専用窓口はご契約時にご案内させていただきます。

リリースノートのご案内

Playbook に搭載される新機能をご理解いただき、新たな価値を体感いただくために。Playbookの新機能リリースが行われる場合、新機能のご案内としてリリースノートをメールにて送付します。各機能の概要と操作方法をご確認いただけます。
新規のリリースはおおよそ1ヶ月に1回〜2回を予定しております。

まとめ

Magic Moment Playbook は「営業担当者」のために、今すべき行動を提示することが可能になります。効果を創出するためには、営業担当者・マネージャーが実際にさわり改善を回していくことが必要です。そして、そのサポートをMagic Moment は行います。

個別相談

機能やプランの詳細から運用のご相談内容まで、営業担当がお答えします。

資料請求

Magic Moment Playbook の概要をおまとめした資料をご共有します。

デモ申し込み

Magic Moment Playbook を使って、どのように営業活動が変わるのかご覧いただけます。

Magic Moment
タグから探す
PAGE TOP